今日的教育課題として、物質的時代から少し前進し、ゆとりの中で生きる力を育むことを重視すること、「いかに社会が変化しようと、自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する資質や能力」と「自らを律しつつ、他人と共に協調し、他人を思いやる心や感動する心など、豊かな人間性」「逞しく生きるための健康な体力」などを教育審議会でもあげている。

 現在の幼稚園教育要領としては

  1. 幼稚園教育の基本

教師は、幼児一人一人の行動の理解と予想に基づき、計画的に環境を構成すべきこと及び幼児一人一人の活動の場面に応じて、教師は様々な役割を果たすべきことを明確にした。

  1. 幼稚園教育の目標

家庭と連携を図ることを示すと共に、生きる力の基礎を育成するよう幼稚園教育の目標の達成に努めなければならないことを示した。

  1. 教育課程の変成

各幼稚園が創意工夫を生かし、教育課程を編成するものとし、その際には特に、自我が芽生え、他者の存在を意識し、自己を抑制しようとする気持ちがうまれる幼児期の発達の特性を踏まえることを明確にした。

各領域の内容
1.「健康」
幼児が自我の中で伸び伸びと身体を動かして遊び、興味や関心が戸外にも向くようにするとともに、その際、幼児の動線に配慮した園庭や遊具の配置などを工夫すること。
2.「人間関係」
友達と一緒に物事をやり遂げようとする気持ちを持つこと、生活経験の中には良いことや悪いことがあることに気づき、守ろうとすること、高齢者を始め地域の人々に親しみを持つことなど、さらに一人一人を生かした集団を形成しながら人と関わる力を育てていくようにすること、及び人に対する信頼感や思いやりの気持ちは、生活する中で葛藤やつまづきを体験し、芽生えていくことに教師は配慮する。
3.「環境」
生活の中で、様々な物に触れ、その性質や仕組みに興味関心を持つこと。
幼児が遊びの中で周囲の環境と関わり、その意味や操作の仕方に関心を持ち、物事の法則性に気づき、自分なりに考えることができるようになる過程を大切にすること及び自然とのかかわりを深めることができるよう工夫する。
4.「言語」
幼児が日常の中で、文字などを使いながら思ったことや考えたことを伝える喜びや楽しさを味わい、文字に対する興味や関心を持つようにすること。
5.「表現」

 幼児自身の表現しようとする意欲を受け止めて、幼児が生活する中で幼児らしい様々な表現を楽しむことができるようにすること。

 

けがをしない、病気をしないからだづくりのために、様々な日常活動が組まれています。現代の子供の体力強化の目的として子供たちの運動力及び技術の強化に専門的講師の指導を行っています。近年、ドッチボール関東地区大会(BSC主催)で4位入賞、そしてMVP個人賞をいただき、どの園児も活躍しています。
思考力・創造力を伸ばすことにも意欲的に取り組んでいます。脳細胞が活発に成長する幼児期こそ、能力開発の絶好の機会であると考えます。
よく聞き、よく考え、よく見極める子。自分の力で考え、判断する力の養成に重点を置いています。勉強としてだけではなく、子供たちの将来の社会生活に必要となるからです。
子供たちの忍耐力や協調性は、自立した意志によって生まれます。
甘えや依存のない自立の習慣を身に付けることを学びます。
こころがゆったりと落ち着いた、情緒の安定した子供たちを育てたいと考えています。こころのゆとりが、豊かな思考力や創造性へつながり、思いやりのある子供をつくるからです。縦割り保育により、どんなお子様とも子ども達は助け合い、自然に理解を深めて成長していく社会性は、温かい豊かな社会性として育っていきます。
保育内容の中に週一回、水曜日には外国人講師(英国人)による英語指導があり、また月曜日には外部より特別講師を招いて、音楽指導があります。